今村夏子「木になった亜沙」感想 文學界10月号

木になった亜沙を読む

やはりこの作家はただものじゃない。
「木になった亜沙」は、あらすじだけ追えば「変身譚」。タイトル通り、人間が木になる話だ。
一見するとよくある話。いかにも現代文学作家が書きそうなものだが……。
安心してほしい。ただの変身譚ではない。今村夏子色に染まりまくっている。

24時間テレビもびっくりの半生ダイジェスト

小説は保育園児の「亜沙」からスタートする。
ひまわりの種をお菓子にしたけど友だちが食べてくれない。好きな子にクッキー焼いたけど食べてくれない。
実はこの「食べてくれない」ということが、小説のキーワードになっていく。

なぜか亜沙が作るものを誰も食べてくれないのだ。
亜沙はこのことに薄っすらと気付いていてショックを受けている。

「食べてくれない」っていうのがテーマの小説って他にあっただろうか?
この「食べてくれない」理由も、色々と考察できておもしろいところ。
小説の序盤で母親が入院をしはじめ、やがて死んでしまうんだけど、まさか……と思ってしまう。
今村夏子あるあるだろうか。

母親の死のあと、叔母夫婦に引き取られ、赤ちゃんに母乳をあげようとしたところを見られ、高校でいきなりグレる。そして寺に行かされる。

これがもうノンストップで展開される。だらだらとした感傷なんて興味ないとでもいうかのようである。
おっと、この小説で「赤ちゃんのシーン」はわりと重要だ。
恐る恐るミルクを作ったら赤ちゃんがごくごく飲んでくれるのだ。
亜沙にとっては貴重の「食べてくれたシーン」である。
恐らく物心ついていないから善悪の区別がついていないんだと思う。

寺を離れることになる亜沙。最後にスキーに行こうと誘われて滑る。死ぬ。絶叫しながら死ぬ。ちなみにタヌキにチョコあげようとして拒否られます。
死人の顔に、木の実が落ちてくる。あ、木になったら食べてもらえるんだ、と思った亜沙。
その願いが通じたのか、見事「木」になります。ぱちぱち。

もちろんここで終わりではなく、ここまでが前半戦である。
ここから「木」になって→「○○」になって、そしてラスト。
「食べてくれない」がこうなるのかと思うと素晴らしい。

後半戦は文學界10月号本誌でどうぞ

文學界2017年10月号

文學界2017年10月号

普段エンタメしか読まない人でも、おもしろいんじゃないかと思う。
今作だけを見れば、ぎりぎり「倉橋由美子」が近いんじゃないかな、と感じた。
ブラックユーモア感ある。

芥川賞について

「木になった亜沙」が芥川賞とれるかと思うかといえば微妙。恐らく「星の子」でとると予測した編集者が、受賞後第一作としてお願いしたのだと思う。芥川賞とるには短すぎる。ただ、高橋弘希の「短冊流し」が候補になったことを思えば、候補にはなるかもしれない。変身譚としては本谷有希子の「異類婚姻譚」が一昨年くらいに芥川賞をとっている。その異類婚姻譚に比べると「木になった亜沙」の方が出来自体はいいかなと印象。

藤ダリオ「山手線デス・サーキット」感想 山手線を題材にしたデスゲーム

山手線デス・サーキット (角川ホラー文庫)

山手線デス・サーキット (角川ホラー文庫)

  • 作者: 藤ダリオ
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2011/12/22
  • メディア: 文庫
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る

あらすじ

高校生クイズ選手権で優勝した修平は、気づくと山手線の電車の中にいた。左には見知らぬ女性。2人は手錠でつながられており、首にはタイマーつきの時限爆弾が仕掛けられている。携帯に送られてくるゲームメーカーのクイズに答えられなかったら死亡。しかも、一問間違うごとに人質の親友が射殺されてしまう。
主人公の修平は、クイズメーカーのクイズと指令をクリアし、無事に生還できるのか?

概要

山手線を使ったデスゲームもの。
関東在住だとわりとイメージしやすいかもしれない。山手線を知らない人(いるのか?)は○になっている路線を想像するとわかりやすい。
高校生クイズ選手権のメンバー4組が争うという構図。

主人公とそのペアとの相性が悪い

ペアは親友の姉なのだが、主人公は性欲の対象としか見ていない。親友だったらどれほどいいかと繰り返しぼやく。ペアの女性もなかなかマイペースで緊張感がなく、見ていて少し苛々としてしまう。主人公は主人公で馬鹿を見下している感と、変な小細工をして自らをピンチにする、という意味不明さ。この2人に感情移入しろという方がむずかしい。

いきなり妨害する小心者

対抗チームの坂上という度胸のない男(主人公評)が、いきなり主人公を突き飛ばす。優勝しなければ「死」が待っているとはいえ、すごく回りくどく感じてしまった。収録では緊張して実力を発揮できなかった坂上が、こんな窮地で奇襲に出るかといったら、びびって出ないほうが自然。まだ坂上の思考がわかれば納得できるのだけど、それもなし。なら最初から悪どいやつにしとけばよかったのでは?ともやもやした。

「んー」というラスト

裏表紙には「ラストがかなりすごい」と書いてあるが、そうか?という印象。むしろ呆気ないと感じてしまった。決勝に期待させておいて、これなら直接対決の方がよかった。

不要な地の文

全体を通してみれば読みやすい。ただ、ときどき異様に長い地の文をさしこんでくることがあり、げんなりした。特に必要な長さとも思えない。主人公がぐだぐだ考えこんだり、不要なお色気シーンが混入されたりする。

普通におもしろい

なんだかんだケチもつけたのだが、首に時限爆弾をつけながらクイズや指令をこなしていくというシチュエーションはおもしろい。
クイズの意図も「なるほどなあ」という感じだ。
緊張感や絶望感がもう少しあると、なおよし。

「僕らが毎日やっている最強の読み方」

 

 

新聞は2紙読む。1紙は定期購読で、もう1紙は買う。身銭を切らないと身につかないから。

身銭を切るのは、書籍も同じ。お金を払うからこそ、もとを取ろうと読まざるをえなくなる。

ネットの情報は、もともとは新聞などのもの。精度も低い。新聞を読むのが一番正確であり、コスパが高い。

かといって、ただ新聞を読んでいるだけでは身につかない。基礎を理解していないと、頭に定着しないからだ。

基礎を学ぶのに一番いいのが教科書。教科書は本屋でも手に入る。

panpanya『動物たち』感想

動物たち

動物たち

いつもよりカラー多め。警察官スタイルの主人公も見れる。安心のpanpanyaワールド。

とくに気に入ったのは最後の方の「グラスホッパー・アドベンチャー」というお話。
川で溺れているバッタのために笹舟を作ってあげる。そのまま流されていくバッタを追いかけるという内容。

川ってどこまでも行くんだろうと考えたことあったな、と懐かしくなった。

「動物たち」とタイトルになっているとおり、今回は動物が多め。亀やらムジナやらが出てくる。

宮崎夏次『夕方までに帰るよ』感想

はじめて宮崎夏次系の漫画を読みました。買った理由は、なんとなくおもしろそうだったから。読んだ感想は、なんだかおもしろかった。
家族の話?ということになるのかな。
両親がイカサマ教団に洗脳されていたり、アパートで姉が引きこもっていたりする。両親は畑を作るため平気で家を半分壊すクレージーさをもっている。だけど主人公の柊一くんは、幸せそうな両親を見て「喧嘩ばかりする前よりマシだからいい」と思う。
姉のアパートに訪れたら、段ボールで要塞を作って引きこもっているで、よくわからない。しかも引きこもりを飼っているという男まで現れる。
不思議な世界観だった。絵柄も構図も見たことあるようで見たことないというか。
一見、大学生の落書き漫画なんだけど、センスがずば抜けている。
この人しか描けないんだろうなと思わせて、かつ、おもしろかった。
先は読めないんだけど、ストーリーはまとまっていたような……。柊一くんの感情を真面目に描いてあるからかもしれない。
番外編の終わりの一コマがとても好き。
第六話の姉の回想シーンがとてもよくて「誰のものか知らないが葬式を毎日催して遊んだ」という文章が気に入った。

夕方までに帰るよ (モーニング KC)

夕方までに帰るよ (モーニング KC)

竹野雅人「山田さん日記」感想

山田さん日記 (福武文庫)

山田さん日記 (福武文庫)

あらすじ

進学校にかよっていた「ぼく」は学校をサボった日、山田さん日記というゲームを手に入れる。そのゲームは、山田さんの日常が淡々と繰り返されるだけで、いつまでたっても冒険に進まないものだった。業を煮やした「ぼく」は次第に山田さんに反抗的な行動を取らせるようになるが……。

感想

「山田さん日記」は1988年2月に発表された小説。ファミコンが発売されたのが1983年7月なので、それからおよそ5年後のものだ。
「山田さん日記」はロールプレイングにもかかわらず、ファンタジー的なものが何も起こらない。
学校→バイト→家の繰り返しで、進んでいく。
まるで現実そっくりに形成されたゲーム。
「ぼく」はプレイしていくうちに、現実がゲームのように思えてくる。

「うるせい!」それに従順に応えてしまったのか、そのぼくを煽るゲームの中のぼく自身に腹立たしくなってしまったのか、ぼくはついに込み上げるものを吐き出した。(略)
 おいおい、何てことを言っているんだ、と慌てているぼく自身とは裏腹に、啖呵を切るならもう少し威勢がほしいなあ、コントロールレバーを持ったぼくが、そんなのんきな事を言ってのけたような気がした。p52『山田さん日記』

 現実がゲームのように感じられる、というのはゲームに熱中したことがある人なら一度は感じたことがあるかもしれない。
 時代が時代だから「山田さん日記」はドット絵だけど、いまではグラフィックがかなり進化した。近年で仮想空間のVRゲームも出てくるようになった。
 ゲームという虚構のリアリティにはまってしまう人間を描くという意味では、かなり先行的な作品のように思う。
 作中で扱っているのがドット絵のゲームということで、古びた作品のようにも思えるがゲーマーなら、なかなか楽しめる。

小山竜央『スマホの5分で人生は変わる』感想

スマホの5分で人生は変わる

スマホの5分で人生は変わる



僕は無駄な時間だとわかっているのにネットを眺めてしまう。するべきことがあるときでも気づけば、お気に入りのサイトを巡回している。それも一日に10回以上も見てしまうときがある。
あるときなんて一日中ツムツムをやって人差指が麻痺したようなときもあった。
やめたいと思っていてもやめられない。
そんなときにふとこの本が目に飛び込んできた。

スマホの5分で人生が変わる』には、どうして人がスマホ中毒になってしまうのか、そのメカニズムが書かれている。
たとえば原因の一つとしては「アクセスのしやすさ」がある。その場ですぐにネットやゲームやSNSを開ける。そして一回一回が短い。手軽に何度もアクセスすることによってその行動が習慣化してしまうのだ。
もう一つはスマホをすると「ドーパミンが多く排出される」こと。ドーパミンというのは快楽物質のことで、これがあることによって依存度が高まる。

隙間時間も積み重ねば大変な量になる。一日で平均二、三時間スマホを利用しているというデーターもあるそうだ。
もしこの時間を有意義に使うことができれば、未来の自分の生活は変わったものになるだろう。

スマホにコントロールされるのではなく、スマホをコントロールするためにはどうするか。
この本では、著者のオススメアプリとともにスマホの使い方が紹介されている。

スマホをどう使うのか、ということを改めて考えさせられる一冊だ。