路地裏ブック

本の感想

藤ダリオ『放課後デッド×アライブ』感想

放課後デッド×アライブ (角川ホラー文庫)

放課後デッド×アライブ (角川ホラー文庫)

あらすじ

クラスで忘年会をしていた3年A組の生徒は、突如命をかけたデスゲームに巻き込まれる。
生き残れるのは男女ペアの1組だけ。
ルール違反や脱走をしようとすると即ロスト(死)される。
主人公の啓太は、そりが合わない彩香とともに勝者を目指す。
最初の対戦相手が親友と、啓太の憧れの女性とは知らずに……。

感想

藤ダリオの小説を読むのはこれで3作目になるのだけど、どれも似ているなという印象。
作家性というべきなのだろうか。
男女ペアを組みたがることと、映画の雑学を入れたがるところとか。

一番残念に思うのは、ペアの相手を見下すことが多いということ。下げて上げるパターンなのだけど、毎回わりと不快に思う。
よほどの天才ならいいんだけど、見下す側が大したことないパターンが多くて、読んでいて面倒くさく思う。

デスゲームのゲーム内容としては「放課後デッド×アライブ」は、悪くはないという感じだ。
内容としてはつまらないものも多いのだけど、毎回主人公がピンチになったりするので、どう切り抜けるかという点でおもしろい。

基本的にはおもしろく読めた。暇つぶしにちょうどいい。デスゲーム系の作品はあんまりないので、そういう意味でも楽しめた。

ここからネタバレ

ストーリーの落とし所は、ノアの方舟なんだけど、無理があるだろうと思ってしまった。
シェルターが一つなわけないし、作文を読んで選んだ? はい? という感じ。
自分の保身を考える政治家が、自分の命を守ろうとしないわけがない。全員が全員「日本の未来のために高校生に託そう」などと、考えないだろう。

斬新なオチでもないので、余計にがっかりした。無理があっても独創的なオチだったらまだ評価できるのだが、わりとありがちなオチだと思ってしまった。

学校が本物かどうかも語られなかったし、どこか消化不良を感じてしまう。玲奈の正体も調整役というのはわかるのだけど、そのわりにかき乱してるだけだし、結局どういう存在なんだと思ってしまった。子ども諜報員?

おもしろいだけにそういう点は残念だった。