路地裏ブック

本の感想

津村記久子『カソウスキの行方』感想

カソウスキの行方 (講談社文庫)

カソウスキの行方 (講談社文庫)

短編集。「カソウスキの行方」、「Everyday i Write A book」、「花婿のハムラビ法典」の3本が収録されている。

まず表題作でもある「カソウスキの行方」から感想を書いてみる。
あらすじとしては、本社から郊外の倉庫に左遷させられたOLのイリエが、仮想的に同僚の森川を好きになってみるという話。しかし恋愛の甘酸っぱさはどこにもなく、むしろ冷めていておもしろい。

イリエが偶然に、ショッピングモールで森川を発見するシーンなんで良い意味でひどい。

森川がカートを押して横切っていくのが目に入った。あの人こんなところに来るのか、休みの日は絶対風俗行ってるんだと思ってた、いや、今は風俗帰りで寄ってるだけかもしれない(p30『カソウスキの行方』講談社文庫)

女の人が男の人に対して「風俗帰り」だと思うなんて、恋愛対象外以外の何物でもないだろう。思わず、笑ってしまった。
読んでいくと森川が良いやつなことはわかる。ちょっとぶっきらぼうではあるけれど、イリエに対して裏のないやさしさを見せる。

段々好きになっていく話かな、と思ったら、まったくそうならないのが津村記久子のすごいところだろう。
最後の森川に送ったメールもかなり笑えるので、まだ読んだことのない人は是非。

「カソウスキの行方」は個人的には津村記久子のなかで一、二を争うほど好きな短編だった。

次は「Everyday i Write A book」。

新しく地下鉄に導入される「ICカード」と、そのデザイナーであるシカド君、その妻である絵本作家茉莉。主人公である野枝は、その茉莉のブログを見ているうちに段々とおかしくなっていく。
この話も恋愛未満のような雰囲気で展開していく。毎日、ゴミ箱から雑誌を拾うオサダ君と仲良くなっていくのだ。茉莉のブログの苛々とする感じが、実際にありそうで笑える。

最後は「花婿のハムラビ法典」

これから結婚式である花婿が、新婦に対してあれこれ思い返す話。遅刻はしまくるわ、ドタキャンしまくる恋人(新婦)に対して、「目には目を」ということで、遅刻したりドタキャンしたりする主人公が描かれている。
この話も結婚までいっているのに、愛がそこまでないように見える。冷めきっているわけではないのだが、普通の恋人ではないような感じがする。
一筋縄ではいかない話で、おもしろい。