路地裏ブック

本の感想

石井遊佳「百年泥」感想

新潮 2017年 11 月号

「百年泥」というタイトルを聞いて、まず思い出すのはガルシア=マルケスの『百年の孤独』だと思います。
「百年泥」も、リアリズムの要素がありながら、ところどころマジックリアリズムの要素がある作品になっています。

舞台はインドのチェンナイ。
主人公はそこで日本語教師をしている女性です。
百年の一度の大洪水があり、蓄積した泥が流れだします。その大量の泥の中から失われた物や、行方不明者が出てきたりする小説です。
おもしろいのは行方不明者がそのまま何食わぬ顔で泥から出てきたり、空を飛びながら通勤する人が出てくるところですね。
ここら辺がマジックリアリズムの要素になるのですが、「百年の一度の洪水」というのが、そういう有り得なさをどこか許容している雰囲気があるんですよね。

有り得ない出来事を描きながら、リアリティを保っているのはすごいと思います。
リアリティの円があるのなら、「百年泥」はそこからはみ出しているのですけど、そのはみ出した形のまま円になっていると思います。

「百年泥」自体は、橋を渡り始まるところから始まり、渡り終えるまでの小説です。
だけど情報量がすごい。日本語教室の思い出を交えながら、主人公の記憶の奔流が描かれています。

この手の小説で重要なのは記憶(エピソード部分)の出来の良さだと思います。ただ「百年泥」はユーモアに振り切れてる点があって、そこが個人的にはマイナスでした。

自分の壁紙とまったく同じ柄の服を着て壁の前で微動だにしないという風変わりな居留守(p81,新潮2017年11月号)

借金取りのエピソードでこの一文があるんですが、話としてはおもしろいんですけど、ネタっぽさが強いなと感じました。
その一方、主人公と母親のエピソードは細部まで描かれていて、そこは結構良いなと思います。

母と似ていて喋らない子ども新藤さんとか、後半につれてエピソードのおもしろさが上がっていった気がします。

百年泥―時間の塊―今の繰り返し―家族

時間の概念として百年が泥として固まっているっていうのがなかなか愉快ですね。

総評としては、新しさは感じないが良い小説という感じですね。まっとうな小説な気がします。
青木淳悟の少し近いのかな、と。