路地裏ブック

本の感想

茂木健一郎『脳を活かす勉強法』感想

脳を活かす勉強法 (PHP文庫)
勉強したはずなのに身についていないだとか、いざテストを開くと全然覚えてないだとか、よくあると思う。
学校では「勉強」について教えてくれても「勉強法」については教えてくれない。
ほとんどの人が独学でやるか、どこかで見聞きした勉強法を試すか、の二択だろう。
だけど、それって自分にとって正しいのだろうか?
そう疑問に思った人に読んで欲しい本になっている。

この本は、脳科学から見た「勉強法」の本である。読んでいると、「なるほど」と共感するようなことが多い。
まず「強化学習」という学習の仕方について触れている。「強化学習」とは、試行錯誤することによって放出されたドーパミンによって、シナプスが強化されることである。
よく「好きこそ物の上手なれ」という言葉があるが、茂木さんは「自ら進んでやる」ことの大切さを説く。
やらされる学習と、自らやる学習では、身につくものが段違いなのだという。さらに「脳に負荷をかける」ことによって、さらに脳は強化されていく。詳しいやり方については是非、本書を読んでほしい。